PR

Corrine

国籍:Japan/Belarus

年齢:22

入社:2020.09

学生時代はどこで過ごしたのですか?

生まれはアメリカのテキサス州。そのため国籍は一応アメリカも持っています。そこで5年間住んだあとに大阪に移住しました。大阪のインターナショナルスクールに小学から高校卒業まで通い、大学のために東京に来ました。

学生時代はどんなことをやってきたのですか?

学生時代は(特に高校卒業までは)とにかくスポーツ漬けの日々を送っていました。小学4年生からテニスを始め、テニススクールに通いながら選手として大会に出ていました。あいにく全国大会への切符は掴めなかったですが、大阪で4位や関西大会で4年連続大阪代表として出場することができました。同時に学校の部活にも参加していて、週6−7はスポーツやっていました。おかげで付いたあだ名は「番長」や「怪獣」、かなり迫力のあるものでした 笑
大学時代はテニスをやめて、「やってみたい!」と思ったら手を出すスタイルでした。ひとつの例だと、初めて友達とスノーボードしに行ったらその2週間後には1人で長野県の住み込みバイトに飛び込んでいた勢いです。
全体的にかなりアクティブですね。

今までの職務経歴

2017年 関西学院大阪インターナショナルスクール卒業
2017年 慶應義塾大学経済学部 入学
現在 在学中
2020年 Evolanyをジョイン

普段どんな業務をやっていますか?

PR・広報担当なので社内と連携しながら社外への情報発信をコントロールする役割を持っています。
現在は事例記事のためにクライアントへの連絡・アポ取り・インタビューそして掲載まで全て行っています。社内インタビューも行い、その記事は主に採用に使っています。開発側とも連携をとりながら大規模な新しい機能があればプレスリリースをうっています。

業務の中でやりがいを感じる瞬間をいくつ教えてください

自分が携わった記事を見てお問い合わせが来る時です。PRはやっぱり数字も見えにくく、成果もすぐにでないものです。そのためいざ営業から「〇〇事例の記事を見てお問い合わせしてきた」と言われると、頑張って掲載してよかったと思います。

業務の中で過去の自分と比べると成長を感じる瞬間

過去の自分なら考えもしない・気付きもしないことが分かるようになる時です。過去の失敗や「あの時こうすれば良かったのか」を繰り返すうちに自然に上達していき、いざ振り返った時に気づくものです。細かく言うとキリがないですが、先回りに考えたり、問題が起きそうな場所の早期発見などになります。

これからのチャレンジしたい業務領域や展望

もう少しマーケティングに携わりたいです。文面のプロ「ダニエルさん」が入ったこともあり、自分の文面力は特に長所でもないので特技を他の領域に生かせるんじゃないかと思います。同時にプロジェクトを率いる際にリーダーとしての素質を磨いていきたいです。

EVOLANYの好きなところを教えてください

とにかくオープンでフラットな環境。質問あれば聞けるし、周りも助けてくれます。コミュニケーションも取りやすいですし、のびのびと働けます。あと、英語と日本語で話せることです。外国人も多く、私自身も英語・日本語を交えながら喋るのが一番楽なのですごくいいです。

週末の過ごし方や趣味を教えてください

週末は昼過ぎまで寝てダラダラしています。最近は特にネットフリックスやAmazonプライムで映画やアニメを見ています。(特にスリラー系の映画は好きです)1週間の中で1日のリセット日があれば他の日は友達と会ったり、出かけたりとより活動的に過ごしています。

これから入ってくるメンバーへ、「こんな感じな人と一緒に働きたい!」のような人物像を教えてください

「イエスマン」ではない人。
ただうなずくのではなく、自分の考え・意見を怖がらず言える人と働きたいです。なぜかと言うとそっちの方が現状の問題発見しやすく、会話も活性化し、新しいアイディアも生まれやすいからです。「上から言われたからやる」のような考え方ではスタートアップでは通用しないと思います。
あくまでも「常に批判的な思考」を持つということではなく、他人からのインプットを受け入れながら最大のアウトプットを図るような人です。

OTHER MEMBER